発電機導入前での確認


発電機運転の注意事項チェックリスト
導入前での確認
確認
1
壁から1m位以上にて設置(引火防止)
2
3方向が空いていること。(一酸化炭素有毒ガス)(車庫や物置など1か所のみ空いている場合は設置不可)
3
平坦で安定している場所であること
4
自家用車の中での使用は禁止です。
5
発電機の周りに引火物(ガスボンベ、灯油缶等)が無いこと
6
発電機の周りに浮遊物(ビニール等)が無いこと
7
暴風時に雨に濡れないようにする。純正(有料)の防音防滴ボックスの購入か、独自でボックスの用意が可能であること。 設置が出来ない場合には、雨天時の運転が出来ないので、雨天時以外での使用となります。
8
設置場所、無風状態時は暑いので窓を開ける場合もあります。窓から一酸化炭素ガス流入注意
9
発電機を稼働時、起動レバーを強く引っ張ることが必要です。引く力が無い人のみが稼働する場合には、導入が厳しいです。
10
発電機はエンジン音がします。近所への防音対策が必要です。(特に台風が去った後の停電)
11
集合住宅の場合、大家さん、不動産管理会社に使用許可をもらうこと
12
ガソリンタイプの場合、ガソリンタンクの扱いなど厳重な管理と取扱いが可能であること。出来ない場合はプロパンガスタイプにするか、導入をあきらめる。
13
人工呼吸器を直接使用は禁じられています。純正の外部バッテリー充電でご使用ください。純正バッテリーが無い場合は、停電対策になりません。
14
無償貸出ですが、事故、故障等の場合にでも、沖縄県、アンビシャス、メーカーなどは責任を負いません。利用者自己責任であることをご理解ください。(同意書記入提出)
15
発電機が不要になった場合には、返却をお願い致します。別の方に活用させて頂きます。
16
使用する機器(人工呼吸器以外でも各メーカーへご確認をお願いします。酸素濃縮器は使用禁止とも)
17
使用する機器の消費電力をご確認ください。使用したい機器の消費電力合計が、発電機の出力より小さいこと。エアコン使用時[約1000W]は900W出力の発電機は使えません。