1. HTLV-1の相談窓口

HTLV-1の相談窓口

厚労省ホームページより
■    ポスター・リーフレット ダウンロード先
 【厚生労働省 HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス1型)に関する情報】 
沖縄県内相談先

「HTLV-1」は、血液中にあるリンパ球に感染するウイルスです。このウイルスに感染しても、そのほとんどの人が生涯病気を発症しないため、疾患そのものへの関心が持たれにくいという現状があります。また、医療従事者の間でも「HTLV-1」の認知度は低いため、HTLV-1関連疾患である「成人T細胞白血病・リンパ腫(以下、「ATL」)」や、「HTLV-1関連脊髄症(以下、「HAM」)」の診断が遅れてしまうこともあります。

 「HTLV-1」の感染者は、全国で約82万人※いると推定されています。さらなる感染者を増やさないためには、若者から中高年までの幅広い層に向けて、このウイルスに関する認知を広め、母子感染の予防などによって、次世代にウイルス感染を伝えない取り組みが必要です。そこで今回、「はたらく細胞」とのコラボレーションを通じた啓発活動を行うこととなりました。

 「はたらく細胞」は、累計発行部数150万部突破の体内細胞擬人化漫画で、今年7月にTVアニメ化が決定した作品です。リンパ球の一種であるヘルパーT細胞は、「HTLV-1」に感染することで異常を起こし、「ATL」や「HAM」を発症させると言われているため、今回、擬人化したヘルパーT細胞のキャラクターが、ポスターやリーフレットの中で、『HTLV-1を正しく知ってください。』と呼びかけます。
 ポスター(約3,200部)とリーフレット(約13万部)は、全国の自治体・保健所などへ配布します。また、画像は、3月15日から厚生労働省ウェブサイト(次ページ参照)でダウンロードできます。

※ 平成28年 第10回HTLV-1対策推進協議会資料(HTLV-1疫学研究及び検査法の標準化に関する研究)に基づくHTLV-1を正しくしってください