1. 理事長からのご挨拶

理事長からのご挨拶

2020年度を終えて     
2021年3月31日
特定非営利活動法人アンビシャス                     
                           
理事長 迫 幸治(さこ ゆきはる)       

すべての難病者のQOL(生活の質)向上に向け
・・・夢をあきらめない・・・

  平素は、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 アンビシャスでは2020年度を通じコロナ禍の大変厳しい状況にもかかわらず、多くの皆様の心温まるご支援により、難病の方々へ難病情報誌の提供や、医療講演会等の支援活動を行うことが出来ました。
 正会員13名、賛助会員318件(個人179名、法人139団体)と数多くの方々や団体様が会員としてアンビシャスの活動を支えていただいています。また2020年度、アンビシャスは129件301万円余りのご寄付をいただきました。
 私共が難病支援活動に取り組むに当たり、このように多くの皆様からのご支援が大きな推進力となっています。ここに改めて心より御礼申し上げます。

  次年度よりアンビシャスは新たに小児慢性特定疾病児童等の自立支援事業にも取り組んでまいります。成人・小児を問わずこれまで以上にスタッフのスキル向上に努める所存です。
 円滑な支援活動を行う上で、沖縄県や各保健所、拠点病院をはじめ、各地域の医療機関、訪問看護センター等との連携を更に深め、小児慢性児を含む難病当事者、家族の皆様が安心してご相談が受けられる様、尚一層努めて参ります。

 難病を抱え生き辛さや不安を感じている方々の夢をあきらめさせない取り組みへ、今後ともお力添えを賜ります様、心よりお願い申し上げます。